帯広市内中心部から少し離れた閑静な住宅街に佇む『自由が丘温泉』は、先代の社長が昭和45年に宿泊施設を開業。

その後、昭和61年に温泉を掘削し、現在の公衆浴場へと形態を変えた。今年で創業34年の地元のコミュニティの場年として愛される温泉銭湯。

可愛らしい玄関を潜ると、広いロビーの先に緑いっぱいの癒しの庭園が!

こじんまりとした銭湯というよりも立派な日帰り入浴施設。

これまた広々とした休憩室を横目にいよいよ浴室へ!!

わぁ!!!!広いー!!!!!!!

しかも、掃除が隅々まで行き届いた清潔感〜!

カランのある洗い場いくつもあり、

打たせ湯、ジャグジー、電気風呂などバラエティーに富んだ浴槽も沢山!!

本格的なフィンランドサウナやスチームサウナ、水風呂まで完備されていて、

入り口からは想像できない充実度です!!!

43.8℃の適温で湧き出る温泉を源泉掛け流しで提供しているのも感激レベルですが、

カランもシャワーもすべて源泉100%!!!

ちなみに、源泉は、施設から50m離れた場所から、1300m下からポンプアップしているそう。

ほうじ茶色の薄茶色透明のゆっくりは、強アブラ臭(石油臭)、モール臭がして、

口に含むと、甘味、モール味があり、雑味のないスッキリとしたお味。(※飲泉許可はありませんので自己責任で行っています。)

pH9.2のアルカリ性なので、ツルツルとした心地よい浴感ながら、

炭酸水素イオンよりも塩化物イオンが多いためpHの数値ほどツルツル感は強くなく、コーティング感もあります。

露天風呂はありませんが、内湯の窓が庭に面しているので、少し窓を開けると爽やかな風が吹き抜け、まるで森林浴をしているかのような気分になれます。

鯉も眺められますよ(笑)

春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色と…。

四季を感じられる温泉銭湯って…冷静に考えてすごくない!?

さぁ~て!まだまだ終わりませんよ〜!!!

 

この水風呂もただの水風呂ではないのです…。

なんと!!!冷鉱泉!!!!!

地下200mから湧き出すこの冷鉱泉は、帯広市内で一番最初にできた水風呂だそう。

明らかに、硫化水素臭(硫黄)があり、飲むと、たまご味!

しかも、水道水の浴感ではない肌を包むような柔らかい湯触り。

オーナーに確認したところ、しっかりと昔の温泉成分分析表に『単純硫黄泉』の文字が!!!

素晴らしい〜!!!!!

シャキッとなる16℃の水風呂は、飲泉も可能で、なんと無料で持って帰れます!!

ただし、一人4リットルまで(笑)←大盤振る舞い(笑)

この鉱泉で、ご飯を炊いたり、コーヒーを入れたら美味しいだろうなぁ〜♡

さらに、最近ではサウナーにも人気で、

立ってサウナに入らないといけない日もあるのだとか(笑)

フィンランドサウナには、ロウリュウができる本格的な設備があり、

宣伝もしていないのに、口コミで全国各地からサウナーがやってくるのだそう。

上質なモール泉に入湯出来て、本格サウナもあって、

さらに、単純硫黄冷鉱泉での温冷交互浴ができるなんて…

もうエンドレスですよね(爆)

これで、しめて税込450円!!!(爆)

コスパ最強クラスの温泉銭湯だと思いませんか!?