霧島国立公園の北側、九州山地と霧島連山に抱かれた盆地にあり、本当にこんな所に温泉施設があるのかと不安になるほど、山や林に囲まれ、あるのは緑だけ。のどかな田畑の中を進むと、昭和の学校と見間違うよな外観の木造の自宅兼温泉がぽつんと。アクセスも悪く、宣伝も一切してない温泉に各地から”あししげく”通うファンも多い。